フランチャイズの良いところとしては!ノウハウを得ることが大事

ノウハウ不要の起業です

フランチャイズで起業することには、いくつかのメリットがあります。一つは、あらゆるノウハウを得ることができる点になります。これこそが最大のメリットであるといえます。どんな人でも出来るように完全にマニュアル化している、というのがとても重要なポイントになります。もう一つは、システムをそのまま利用できる点にあります。機械なども借りることができるようになりますから、準備が途轍もなく楽であり、考えることが少ないです。

契約金とロイヤリティ

フランチャイズ契約において大事なこととして、契約金とロイヤリティがあります。これが支払いとして発生するわけであり、意外と厳しい点でもあります。契約金はともかくとして、ロイヤリティはかなりしっかりと理解しておいた方が良いでしょう。純利益の何%、というのであれば実は楽なのですが、売上に対してのロイヤリティですときついことも多いです。同じ業種であっても、条件がフランチャイズ本部によって違うのでよく比較するべきです。

ノルマや義務に関してのこと

小売関係のフランチャイズ事業であれば、ノルマが課せられることがあります。看板で商売をしているわけですから、本部が決めた方針に関して、ある程度は従う必要性があるわけです。それこそが実はかなり厳しい要素でもあります。要するに明らかに失敗している、或いは本部の利益にしかならないような商品を仕入れないといけないこともあります。これも契約の一つです。一つ一つの利益不利益を見るのではなく、全体で見るべきでしょう。多少は義務やノルマがあってもよいことは多いです。

代理店とは、文字通り依頼者の代わりに仕事をする店のことです。本人の事情により行うことができないことを手助けするのが役目です。

2016年4月22日