意外とえらべる!運転手の仕事を3つご紹介

特定の人の専属とライバーとなる送迎ドライバー

運転手の派遣の仕事の中には、送迎ドライバーという職種があります。いわゆる役員ドライバーやお抱えドライバーなどと呼ばれるもので、会社の要人などの送迎をおこなう仕事です。多くの場合は、専属ドライバーとなり、毎日同じ人を送迎するのが役割です。業務内容は決められた時間通りにお客さんを自宅や職場付近まで迎えに行き、目的地まで送ることです。毎日同じ人を送迎できるので、お客さんとも親身な関係になれ、なれてくると気軽に勤められる仕事でしょう。

生活のリズムがつかみやすいバスドライバー

たとえば、駅から会社までの間のシャトルバス、駅から宿までの送迎バスなどを運転するドライバーがバスドライバーです。また、幼稚園バス、スポーツクラブ会員バスなどの業務もあります。この仕事は、運行時刻が決まっているため、残業がなく生活リズムがつかみやすいことがメリットでしょう。大型のバスを運転できるの、少し優越感に浸れる仕事といえるかもしれません。勤務地周辺の道路事情に詳しくなったり、地域の人々との交流が楽しめるのもメリットです。

残業が多いため稼げるトラックドライバー

運転手の中にはトラックドライバーという荷物を運ぶ職種もあります。日勤と夜勤がありますが、8時間から12時間くらい運転し続けなければならない仕事です。トラックの大きさに比例して時給が上がるため、大きなトラックを運転できる人であれば高収入が得られます。残業も多いといわれているので、思いっきり稼ぎたい人にはおすすめかもしれません。運転中は1人で、人と関わることが少ないので人間関係に悩むことがないのがメリットです。

運転手の派遣は、企業の固定費を削減することができるとして、需要が拡大しています。必要な時に必要なだけのサービスとして人気です。

2016年4月24日