自営業は自由気ままな商売?それとも大変なのか?

自営業に向いているのはどんな人?

自営業といってもいろいろですよね。たくさんの社員を抱えて会社を経営する人もいれば、飲食店などの店舗を経営したり、フリーランスで自宅で仕事をする人も自営業です。業種もスタイルもそれぞれですが、どんな人が向いているのでしょうか?会社経営者や従業員を雇っていれば人を動かす能力も問われます。しかし、全体的に共通して言えることは、責任感としっかりした経済観念ではないでしょうか?仕事を途中で放り出さず、業績をしっかり上げていく能力はどの業種にも必要です。

自営業で必要なことは?

業種にもよりますが、まず何よりも体が資本ということは共通して言える大切な条件ですよね。雇用されている場合でも欠勤が多いのは非常に困りますが、経営者が病気がちというのは業務自体にも支障が出てきます。会社員や公務員との違いは、必ず安定した給与が入って来るわけではないということです。つまり、決まった給与を何処かで貰えるわけではない為、働いても収入に反映されないこともあるということです。自営業は実際にはかなり厳しい職業と言えそうです。

自営業のメリットはこんなこと

しかし、会社員や公務員との大きな違いは収入に限りがないということでもあるんですよね。波に乗ってしまったり何らかで大きなチャンスを掴んでしまえば、かなりの高収入も夢ではないのが自営業の醍醐味です。20代にして年収が数千万といった人も実際には珍しいことではありません。最近ではSNSなどを立ち上げるのも自営業としての大きなビジネスチャンスとして注目されており、実際に奥単位の年収を稼ぎ出している人もいるのです。自営業でピンチになるかチャンスを掴むかは自分次第ということですね。

フランチャイズは、事業者のノウハウや商標・ネームなどを使う権利を与えてもらい、その見返りに一定の対価を事業者に支払うことです。

2016年7月24日